セブアノ語 ビサヤ語の基本文系 【文章の作り方を分かりやすく解説。】

セブアノ語 ビサヤ語の基本文系 【文章の作り方を分かりやすく解説。】

セブアノ語、ビサヤ語 基本文系

形容詞または動詞+主語+修飾語となっています

3種類の動詞

Mo 動詞 (Mo/Mi)

Mo は動詞の前に置いて、習慣的、非継続的な動詞となり、現在、未来を表します。

 

Mi は過去を表します。

 

 

否定文の作り方

現在、未来

dili mo + 動詞原型   ~しません。

過去

 

wala mo + 動詞原型  ~しませんでした。

mo inum ko’g gatas. 私はミルクを飲みます。
mo adto ka ba didto? あなたはあそこへ行きますか?
mi pauli ko 私は家に帰りました。

 

Ma 動詞 (Ma/Na)

Ma 動詞は知的、感情的動作を表します。

 

Ma + 動詞原型  ~します。  未来系 Na  + 動詞原型  ~しました  現在、過去形

 

否定文   wala + ma + 動詞原型  ~しません。 ~しませんでした。

 

na kasabot ka ba? わかりましたか?
wala ko ma kasabot わかりません。
na hibalo ko 知っています。
wala ko ma hibalo 知りません。

 

Mag 動詞 (Mag/Nag)

 

 

Mag + 動詞原型 で 現在、未来の継続動作をあらわします。 ~します。~しています。 Nag + 動詞原型 で すでに行われている動作、過去の動作をあらわします。 ~していた。 ※ 名詞の前に Mag を置く事により、動名詞にすることができます。

 

 

luto 料理
magluto 料理する
laba 洗濯
maglaba 洗濯する
magmahjong 麻雀をする

 

疑問文の作り方

 

形容詞または名詞 + ba + 主語

 

libro ni. これは本です。
libro ba ni? これは本ですか?
gwapa siya. 彼女は美人です。
gwapa ba siya? 彼女は美人ですか?

 

unsa, kinsa, asa などの疑問詞の後には man が付きます。

 

unsa man ni? これはなんですか?
unsa man na? それはなんですか?
unsa man to? あれはなんですか?
kinsa man siya 彼/彼女はだれですか?
asa man ang C.R.? トイレはどこですか?

 

 

文法カテゴリの最新記事