セブアノ語 ビサヤ語

セブアノ語、ビサヤ語と【タガログ語との違い】をわかりやすく解説

セブアノ語 セブアノ語はフィリピンの地方言語と言う位置付けで、となっているので、。主にセブ出身者をセブアノ語を話す人、という風に考えたりしますが、言語としてのセブアノ語をビサヤ諸島出身者であってもセブアノ語を話す人と言うこともあります。 詳しくは、セブアノ語 Sinugboanon、英語では、Cebuano language は、オーストロネシア語族、ヘスペロネシア語派、中央フィリピン諸語、中部フ […]

セブアノ語、ビサヤ語 【スペイン語、英語との関わり】をわかりやすく解説

セブアノ語、ビサヤ語 【スペイン語、英語との関わり】をわかりやすく解説 スペイン語との関わり フィリピンは1521年のマゼラン到達以来、1898年以降のアメリカ統治が始まるまでの間はスペイン統治下にあった影響から、セブアノ語、ビサヤ語はもちろん、タガログとなどのフィリピンの言語に多大な影響があり、今なお多くの借用語がセブアノ語、ビサヤ語に用いられています。特に。特にフィリピン南部ではその影響が強く […]

セブアノ語、ビサヤ語 【日本語との関わり】 わかりやすく解説

セブアノ語、ビサヤ語 【日本語との関わり】 わかりやすく解説 日本語との関わり 1942から45年 1942年から1945年にかけてフィリピンは日本の統治下にありましたが、統治期間は短かかったためセブアノ語、ビサヤ語、などフィリピンの言語に対してはスペイン語や英語ほどの影響は受けませんでした。戦後1980年代以降からは半日感情も薄れ、じゃぱゆきさんに代表されるフィリピンから。