セブアノ語、ビサヤ語2【基本文系、代名詞を分かりやすく解説】

セブアノ語、ビサヤ語2【基本文系、代名詞を分かりやすく解説】

基本文系

基本的な文章の構想は、動詞-主語(目的語)

ang は主語の前に来ます。
ug は目的語の前に来ます。

nakita ang iring ug pagkaon. 猫は食べ物を見た。

例外もあります。

bugnaw ko. 私は寒いです。
mokaon ko ug pagkaon. 私は食べ物を食べます。

代名詞にはangやugは付きません。
ko + ug は縮めて kog と発音できます。

mokaon kog pagkaon. 私は食べ物を食べます。

代名詞

原型 短縮系 目的格 ~を
ako ko nako
あなた ikaw ka nimo
彼、彼女、それ siya siya niya
私たち(自分を含む) kita ta nato
私たち(自分を含まない) kami mi nami
あなたたち(複数の場合) kamo mo namo
彼ら sila sila nila

nakita ang iring ug pagkaon.  猫は食べ物を見た。”私は食べ物を見た” とする場合は、nakita ako ug pagkaon. となります。代名詞にpagやugは付きません。

nakita ako ug pagkaon. は nakita ko ug pagkaon.となり、さらにnakita kog pagkaon.と短縮出来ます。

人の名前の場合、レイ、ハンナ、ジェレミーなど、人の名前の前には ”si” が付きます。

niadto si jeremy sa tindahan. ジェレミーは店へ行きました。

人の名前が目的格の場合は前に ”ni” が付きます。

aila ka ni sally? あなたはサリーを知っていますか?
kaila ka ni jeremy? あなたはジェレミーを知っていますか?

 

前の動画 / 次の動画

動画3カテゴリの最新記事